海岸寺は〝守屋貞治百体観音寺〟だった!

海岸寺は〝守屋貞治百体観音寺〟だった!
目次

守屋貞治の石仏を求め、海岸寺へ

↑↑↑この記事の最後で、「あなたの住まいの近くにも、守屋貞治が彫った石仏があるかもしれません。ぜひ探して、観に行かれてはいかがでしょうか。」って言いました。

ありました。

自分の住まいの近くに、守屋貞治が彫った石仏が。

それもたんまり(汗)

ということで、山梨県北杜市にある海岸寺(かいがんじ)へ行ってきました。

海岸寺は守屋貞治の石仏の3分の1が観られる〝スーパーベストスポット〟!

海岸寺というのは、県道605号線を清里から須玉へ向けてしばらく南下すると、右手にある臨済宗妙心寺派の寺院です。

寺の名前に「海岸」とついているのに、鬱蒼とした山奥にあります↓↓↓

海岸寺山門
海岸寺山門への参道

この海岸寺には、守屋貞治が彫った石仏が、なんと110体近くもあります!(驚)

貞治が生涯で彫った石仏は、全部で336体。

つまり、貞治の石仏の約3分の1が、ここ海岸寺にあるということになります。

計算が苦手なぼくにもすぐにわかります(苦笑)

なぜ100体以上もあるのかというと、西国三十三ヶ所、坂東三十三ヶ所、秩父三十四ヶ所の各札所の観音像をすべて模して彫ったからです。

これだけで、33+33+34=100。

計算が苦手なぼくにもすぐにわかります(再苦笑)

前回の記事「「石仏ガチャ」で地味に人気! 長野・高遠の守屋貞治の石仏を観に行った」で、守屋貞治の石仏が約40体ある建福寺のことを、「守屋貞治の石仏を一挙に見られるという点で、建福寺はベストスポットです。」と言いました。

だとすると、海岸寺はさらにその上を行く〝スーパーベストスポット〟だと言えるでしょう^^

貞治の石仏たち

海岸寺の石仏
山門前の石仏

山門をくぐると、さっそく石仏がお出迎えです。

海岸寺の石仏
反対側にも石仏
海岸寺の石仏
境内の奥にも石仏
海岸寺の石仏
石仏同士が向かい合ったところも

石仏が向かい合って、〝プロポーズ大作戦フィーリングカップル〟状態になっているところもあります。

千手観音菩薩
千手観音菩薩

千手観音あり、

如意輪観音菩薩
如意輪観音菩薩

如意輪観音あり、

聖観音菩薩?
聖観音菩薩か?

一見して、種類がよくわからない石仏も。

聖観音でしょうか?

海岸寺の石仏
本堂前の石仏のなかに……

本堂の前へ行ってみると……いました!

左の石仏。

馬頭観音菩薩
馬頭観音菩薩

ぼくが大好きな馬頭観音(ばとうかんのん)です↑↑↑

西国三十三ヶ所の29番、丹後・青葉山松尾寺の馬頭観世音菩薩のようです。

だとすれば……

馬頭観音ガチャ
高遠でゲットした馬頭観音のトイ

先日、高遠でゲットしたトイのモデルも西国三十三ヶ所の29番だったので、元はいっしょということになります。

再会、合掌。

海岸寺
観音堂への階段の両脇にも石仏がいっぱい

観音堂へのぼる階段の両脇にも石仏が並んでいます。

秩父三十四ヶ所の観音のようです。

海岸寺の石仏
こちらの石仏は小ぶり

こちらは、わりと小ぶりな石仏でした。

六地蔵板碑
六地蔵板碑

階段をのぼりきった観音堂の横には「六地蔵板碑」がありました。

1体1体の地蔵がちんまりしてかわいらしいですね。

愛嬌があります^^

ちなみに、この六地蔵板碑は、1500年建立なので、1765年生まれの守屋貞治作ではありません。

こうして観てくると、1つの寺でこれだけの数の石仏が観られるのは圧巻です。

しかも、ほぼほぼ1人の作品。

海岸寺は、〝守屋貞治百体観音寺〟と言っても過言ではない貴重な寺だと思います。

海岸寺は〝守屋貞治百体観音寺〟だった!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

シェアお願いします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次