上野大仏は人の背丈ほどの高さがある〝巨大顔面仏〟だった

上野大仏は人の背丈ほどの高さがある〝巨大顔面仏〟だった
目次

上野大仏へ行ってきた

東京・上野恩賜公園と言えば、上野動物園や東京国立博物館、国立科学博物館、国立西洋美術館など、日本有数の文化施設がある公園です。

この公園内に、野外仏ファンであれば1度は訪れたい(と思うはずの)〝仏件〟があります。

上野大仏」です。

真冬の2月のある日、曇り空ながら、ややあたたかな日に訪ねてきたので、ご紹介します。

上野大仏とご対面

上野大仏入り口
「上野大佛」という案内板は遠くからでもすぐに目につく

上野公園を、西郷隆盛像から動物園の方向へ歩いていくと、左側に「上野大佛」と大きな文字で表記された案内板があります。

上野大仏横の石塔
階段を上ると、石塔があらわれる

この横の階段を30段くらい上ると、目の前にオリエンタルな石塔があらわれます。

上野大仏横の石塔正面
石塔のなかには、薬師三尊像がまつられている

石塔のなかには、本尊を薬師如来とし、その両脇に日光菩薩と月光菩薩を従えたスタイルをとる3つの仏像が安置されています。

その石塔から左側へ目を移すと……

上野大仏正面
上野大仏と正対

いました!

〝巨大顔面仏〟こと「上野大仏」です。

仏の種類としては、釈迦如来になります。

この上野大仏、どれくらい顔がでかいかというと――

上野大仏に参拝する女性
上野大仏の顔の大きさがよくわかる

お参りしていた女性の背丈が、ざっと見たところ160cmくらいだったので、そこから推測するに、顔だけの高さは150cm前後ではないかと思われます。

上野大仏の色っぽい唇
唇が妙に色っぽい(汗)

上野大仏の顔をよく見ると、唇の一部に紅(べに)が……

なぜか妙に色気を感じてしまいました(汗)

上野大仏の歴史

それにしても、なぜ上野大仏は〝顔だけ大仏〟なのでしょうか?

大仏の横に設置された案内板に、その理由が書いてありました。

上野大仏前の案内板
上野大仏の歴史を解説した案内板

案内板によると、上野大仏は1631年(寛永8年)に造立されました。

その後、大仏は改修を経て、高さ6メートルの銅仏になりました。

しかし、大仏は地震や火事に何度も見舞われ、1923年(大正12年)の関東大震災のときに、ついに顔が落ちてしまいました。

再建計画はあったものの、第二次世界大戦のときに胴体部分は軍へ供出され、顔だけが残りました。

そして、1972年(昭和47年)春、現在の位置に顔のみがレリーフ状態でまつられることになったのです。

数奇な運命をたどったんですね……(涙)

上野大仏は「合格大仏」 そのわけは……

上野大仏横の絵馬
上野大仏の傍らにはたくさんの絵馬が

上野大仏の顔レリーフの横には、絵馬がいっぱい結びつけられています。

上野大仏の絵馬
絵馬には「合格祈願」の文字が

見ると、「合格祈願」の文字。

顔だけの上野大仏になぜ「合格祈願」のご利益が?

さっきの案内板をもう1度見ると――

これ以上落ちない合格大仏」として広く信仰を集めています。

大仏に手を合わせていた先ほどの女性も、何かの試験の合格を願って拝んでいたのかもしれません。

ちなみに、上野大仏の近くには、「学問の神様」として有名な湯島天神があります。

受験生は、湯島天神と上野大仏の両方を参拝すると、ご利益が倍増するかもしれませんね。

上野大仏は人の背丈ほどの高さがある〝巨大顔面仏〟だった

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

シェアお願いします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次